便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


日本人女性の2人に1人が便秘

便秘の自覚症状を持っている人は、日本人女性の2人に1人とも言われていますが、その便秘解消方法は、人それぞれであり、千差万別なのです。

無理せず、自分に合った便秘解消法を知るためにも、まずは、自分の便秘がどのような種類なのかを知る必要があるのです。

便秘の種類には、大きく分けて2種類あります。


1.急性型
この急性型便秘とは、環境の変化などで起こることが多く、その環境に慣れれば自然と便秘が解消されるものが主です。
例えば、「旅行中に便秘になってしまった」という方は、たいていの場合、自宅に戻れば、便秘が解消されます。

2.慢性型
この慢性型便秘は、食生活や生活習慣の問題で起こるものです。
こちらのタイプが日本人女性の2人に1人が悩んでいる便秘なのです。


さらに慢性型便秘は、2種類に分類できます。


1.器質性便秘
こちらの便秘は、癌などの影響により、腸の癒着が起こり、腸の中で便の通りが悪くなるなどで、このタイプは、背後に病気が潜んでいる可能性もありますので、専門の医師に相談した方がよいでしょう。

2.機能性便秘は、3つあります。

(1)弛緩性便秘
 多くの便秘の症状の多くは、このタイプです。この便秘は、腸の蠕動運動が弱まってしまうことで起こります。

(2)直腸性便秘
 こちらのタイプは、直腸まで便が移動していますが、腸の蠕動運動が始まらない場合です。仕事などが忙しくて、ついつい便意を頻繁に我慢してしまう方に多く見られます。このタイプの場合、便は、大きくて硬いものになります。

(3)けいれん性便秘
 こちらのタイプは、上記の2種類と逆に大腸の運動が強すぎてけいれんを起こして、腸の中で便の通りが悪くなっているものです。
 このタイプは、便意は、強いものの排便が困難であったり、便がウサギの糞みたいに細かいものになります。  

あなたはどのようなタイプの便秘か考えてみてください。
関連コンテンツ

妊娠と便秘

世の中の約9割の女性は便秘に悩んでいるといわれており、この割合の中には、妊娠中の方も多く含まれています。 女性の中でも、妊娠する前は、便秘と全く無縁だった方も、妊娠が進んでいくに連れて、どんどん・・・

便秘と女性ホルモン

便秘は、女性の大敵であり、便秘に悩む人は、約9割にもおよぶといわれています。 なぜ?便秘に悩む女性が多いというと・・・それは、女性ホルモンが大きく影響しているのです。 【女性ホルモンとは・・・・