便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


便秘と女性ホルモン

便秘は、女性の大敵であり、便秘に悩む人は、約9割にもおよぶといわれています。

なぜ?便秘に悩む女性が多いというと・・・それは、女性ホルモンが大きく影響しているのです。

【女性ホルモンとは・・・】
・卵巣から分泌されるホルモンのことで、下記の二種類あります。
 
1.エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン
・この女性ホルモンは、思春期から分泌量が増えて、女性らしい体つきを形成していきます。
 また、赤ちゃんを作るために、子宮内膜を厚くしたり、受精卵の子宮への着床を手助けしたりもします。
 それに、卵を作る大事な役割ももっています。
  
2.プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモン
・このホルモンは、妊娠するための女性ホルモンです。
 子宮に受精卵が着床しやすいよう、子宮内膜の状態を整えて、妊娠した後は、維持するための役割をもっているのです。   

この2種類の内、便秘に影響を及ぼす女性ホルモンは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の方なのです。

こちらの女性ホルモンの分泌により、体の中への水分・塩分の吸収が活発になり、そのため、大腸の腸壁からどんどん便の水分が吸収されていき、便が硬くなっていき、排便されにくくなってしまうのです。 

また、生理前に便秘になるのは、女性ホルモンの一種、黄体ホルモンの分泌が活発になるからなのですよ。

このように便秘は、女性ホルモンのホルモンバランスが引き起こしているので、病気ではないのです。

この2種類の女性ホルモンは、女性にとって重要なホルモンなのです。
ですから、便秘の知識をしっかり持ち、安易に便秘解消の薬を使わず、適度な運動やマッサージ、また食事療法などで乗り切って行きましょうね。
関連コンテンツ

妊娠と便秘

世の中の約9割の女性は便秘に悩んでいるといわれており、この割合の中には、妊娠中の方も多く含まれています。 女性の中でも、妊娠する前は、便秘と全く無縁だった方も、妊娠が進んでいくに連れて、どんどん・・・

日本人女性の2人に1人が便秘

便秘の自覚症状を持っている人は、日本人女性の2人に1人とも言われていますが、その便秘解消方法は、人それぞれであり、千差万別なのです。 無理せず、自分に合った便秘解消法を知るためにも、まずは、自分・・・