便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


妊娠と便秘

世の中の約9割の女性は便秘に悩んでいるといわれており、この割合の中には、妊娠中の方も多く含まれています。

女性の中でも、妊娠する前は、便秘と全く無縁だった方も、妊娠が進んでいくに連れて、どんどん便秘がひどくなるケースがあるといいうことです。

なぜ?妊娠すると便秘がひどくなるのでしょうか?

さまざまな原因があるのですが、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの分泌が、妊娠中に活発になることが、原因の一つとして大きく挙げられます。

この黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、子宮内膜の状態を整える働きがあり、これは受精卵が着床しやすいようにするためなのです。

妊娠してから、胎児に栄養を送る胎盤から分泌されるようになって、子宮筋の収縮を抑制する働きあり、これは流産しないためなのです。

この働きが腸の筋肉にも影響を及ぼし、腸の動きを鈍らせ、排便されにくい状態にさせてしますのです。
また、妊娠が進み、胎児に合わせてますます大きくなっていく子宮が腸を圧迫することでも、腸の動きがどんどん鈍くなり、その結果、便秘になりやすいのです。

この他に、単純な運動不足や出産に対する恐怖心などからくる精神的ストレスも原因になります。

妊娠中は、胎児のためにも、毎日適度な運動や食事内容を見直したりして、便秘解消の薬などは、絶対に服用しないようにして、乗り切りましょう。

自然な便意を誘発してくれる、朝、起きてすぐのコップ一杯の水・・・・、これは、腸の動きを活発にしてくれるのです。
また、便そのものを柔らかくする作用もありますので、運動とは違い威力を発揮してくれるでしょう。
関連コンテンツ

便秘と女性ホルモン

便秘は、女性の大敵であり、便秘に悩む人は、約9割にもおよぶといわれています。 なぜ?便秘に悩む女性が多いというと・・・それは、女性ホルモンが大きく影響しているのです。 【女性ホルモンとは・・・・

日本人女性の2人に1人が便秘

便秘の自覚症状を持っている人は、日本人女性の2人に1人とも言われていますが、その便秘解消方法は、人それぞれであり、千差万別なのです。 無理せず、自分に合った便秘解消法を知るためにも、まずは、自分・・・