便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


便秘と腸内環境

便秘を解消するために大切なのは、便意のかさを増やして、便を柔らかくすることです。

ここで、疑問に思うことは・・・一体!便ってなにでできているのでしょうか?

一般的に正常な便と言われるものは、水分:約80%、固形物:約20%です。
上記の固形物の半分が食べ物のカスであって、残りの半分が腸内細菌でできているといわれています。

それでは、腸内細菌ってなんなんでしょうか?

腸内細菌って、実を言うと・・便を育てているのです。

人間の腸内は、約1000種以上で約100兆個もの腸内細菌が存在しており、この腸内細菌のバランスで腸内環境を左右しているのです。
この腸内細菌の中で、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が約20%で、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌が約10%、日和見菌というどちらとも属さない菌が約70%となるのです。

このどちらとも属さない菌の日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも加勢する菌なのです。

一般的に健康な人の腸内では、悪玉菌が増殖しはじめると、善玉菌が抑えて、腸内のバランスを一定に保つといわれています。

なぜ?腸内で悪玉菌が増殖すると悪いかと言うと、アミノ酸やタンパク質などの分解が促進されて、アンモニアなどの体に害を与える物質(有害物質)が発生します。
このことによって、腸の活動が低下してしまい、便が硬くなって、腸内を便が移動する時間も長くなってしまい、便秘が起こりやすくなるのです。

ですから、善玉菌を増やして、腸内環境を健康的に保っていくことで、便秘になりにくい柔らかな便が作られていくんですね〜。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品に乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれており、味噌や醤油・漬物などの醗酵食品はビフィズス菌を増やしてくれる働きがありますので、これらの食品を積極的に摂取していき、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて、身体の中から便秘解消をしていきましょう。
関連コンテンツ

運動法〜腸を刺激して便秘改善

柔らかい便を作る環境を整えて食事や生活習慣を改善して便秘を解消したり、腹筋を鍛えて、スムーズな排便を行えるようにすることも重要なのですが、忘れてはいけないものは、腸を刺激してぜんどう運動を活発にさせる・・・

運動法〜腹筋を鍛えて便秘解消

便秘解消には、食事や生活習慣を改善し、便秘になりにくいといわれる、柔らかな便を作る腸内環境を整えることも必要ですが、食事や生活習慣を改善して、せっかく柔らかいいい便ができてとしても、排便するための押し・・・

便秘と善玉菌

こちらの言葉を耳にされたことありますか? 善玉菌・悪玉菌という言葉・・・多分、一度は聞いたことがあると思います。 この言葉は・・・腸内細菌のことを言っているのです。 腸内細菌は、健康な人・・・