便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


便秘と善玉菌

こちらの言葉を耳にされたことありますか?
善玉菌・悪玉菌という言葉・・・多分、一度は聞いたことがあると思います。

この言葉は・・・腸内細菌のことを言っているのです。

腸内細菌は、健康な人の場合、善玉菌:約20%と悪玉菌:約10%あり、残りは、日和見菌と言ってどちらの性質でもないものが70%なのです。

このどちらの性質でもない菌の日和見菌は、善玉菌がいっぱいあるときは、善玉菌に・・・、悪玉菌がいっぱいあるときは、悪玉菌になるという性質をもっているのです。
ようするに、腸内環境は、腸内細菌のバランスによって左右されるのです。

それでは、このことはご存知でしたか?便の成分の約10%が腸内細菌だということを・・・

便秘になりにくい柔らかい便を作る働きをしているのは、腸内細菌の善玉菌で、この善玉菌は、腸のぜんどう運動そのものを活発化させる働きもあるのです。

腸内細菌の代表的なものは・・・・ビフィズス菌です。

このビフィズス菌は、体内で作ることができないので下記のようなビフィズス菌を多く含んでいる食品などから摂り入れなければならないのです。

 例)ヨーグルト・乳酸菌飲料などです

ビフィズス菌を増やしてくれるものは、漬物や味噌・醤油などの醗酵食品があります。
また、オリゴ糖もビフィズス菌に栄養を与えて、増殖させるのです。

オリゴ糖は、そのまま、甘味料としてうられているものもありますが、以下の食品にも含まれているのです。

 例)大豆や玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、とうもろこし、バナナ、ハチミツなど

食事の時に、漬物を食べたり、ヨーグルトにバナナとハチミツを入れて食べるだけでも便秘の解消に役立つのです。
関連コンテンツ

運動法〜腸を刺激して便秘改善

柔らかい便を作る環境を整えて食事や生活習慣を改善して便秘を解消したり、腹筋を鍛えて、スムーズな排便を行えるようにすることも重要なのですが、忘れてはいけないものは、腸を刺激してぜんどう運動を活発にさせる・・・

運動法〜腹筋を鍛えて便秘解消

便秘解消には、食事や生活習慣を改善し、便秘になりにくいといわれる、柔らかな便を作る腸内環境を整えることも必要ですが、食事や生活習慣を改善して、せっかく柔らかいいい便ができてとしても、排便するための押し・・・

便秘と腸内環境

便秘を解消するために大切なのは、便意のかさを増やして、便を柔らかくすることです。 ここで、疑問に思うことは・・・一体!便ってなにでできているのでしょうか? 一般的に正常な便と言われるものは・・・