便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


漢方医学と便秘薬

便秘の起こる原因や症状は、人それぞれ違っていますが、一般的に便秘というのは、三日以上排便がない状態のことを言います。


西洋医学と漢方医学とでは、薬を選ぶのに違いがあります・

西洋医学・・・その原因によって、下剤などの薬で排便を促進させるのが通例です。

漢方医学・・・なぜ排便されないのかや人それぞれの体質や全身状態などから原因を考えます。


それでは、漢方で考える便秘の3タイプについて説明しますね。

1.熱タイプの便秘

このタイプの人には、三黄散(さんおうさん)が使用され、お通じを良くする効果があります。
その他にも身体を冷やしたり、赤ら顔やのぼせ、精神不安定等に効果があります。

以下の項目に当てはまる人がこのタイプです。
・身体がいつも熱っぽく赤ら顔
・口が乾きやすい
・口臭がある
・小便の色が濃い
・冷たいものを好む傾向がある人


2.寒タイプの便秘

このタイプの人には、身体を温める効果のある桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)を使用します。

以下の項目に当てはまる人がこのタイプです。
・手足が冷えて寒がりの人
・腹痛があるが暖めると和らぐ人
・口の乾きがない
・夜中に頻繁に小便に起きる人


3.虚タイプの便秘

このタイプの人には、潤腸湯(じゅんちょうとう)を使用し、体力のない人に処方され、特に高齢者の便秘に良く使われています。

以下の項目に当てはまる人がこのタイプです。
・気持ちが沈みがちな人
・体液成分が不足する高齢者
・顔色が悪い人
・頭がふらふらするような人


さまざまな症状が重なって、上記の3タイプのどれにも当てはまらない人には、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)がよく処方されますが、注意しなければならないことがあり、冷え性の人は腹痛を引き起こす場合があるそうです。
関連コンテンツ

酸化マグネシウムが便秘に効く

便秘薬として昔から広く使用されているのが、酸化マグネシウムです。これは、腸内で水分をひきとめ、便が硬くなってしまうのを防ぐことができます。 またその刺激で、腸の運動も活発化して、排便を促進するの・・・

サプリメントで便秘解消

食事のバランスや日常生活の乱れなどが便秘が起こる原因の大半だといわれています。 今、約9割の女性が便秘に悩んでいるといわれていますが、なぜ、女性が便秘になりやすいかというと、女性ホルモンの影響も・・・

便秘解消に使われる漢方薬

便秘というのは、通常三日以上排便がない状態のことをいうのですが、その便秘の原因や症状は、人それぞれ違うのです。 漢方医学では、なぜ排便されないのかという原因やその人の体質やそのときの全身状態など・・・

下剤で便秘を解消しよう

何日も便秘が解消されないで、お腹の張りや痛みがあったり、頭痛・めまいなど苦しい状態が長く続くと、どうしても人は薬に頼りたくなってしまいがちです。 一般的に、薬といえば、下剤がすぐに思い浮かぶかも・・・