便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


サプリメントで便秘解消

食事のバランスや日常生活の乱れなどが便秘が起こる原因の大半だといわれています。

今、約9割の女性が便秘に悩んでいるといわれていますが、なぜ、女性が便秘になりやすいかというと、女性ホルモンの影響もあって、食生活を改善したとしても、思うように便秘解消につながらない場合があるのです。

また、便秘解消するためのサプリメントが多種多様販売されているので、これらを上手に使いこなすことも便秘解消法の一つと言えるでしょう。

それでは、現在販売されているサプリメントの配合成分で、一般的なものを紹介しますね。

1.ビフィズス菌やオリゴ糖です。

このサプリメントは、善玉菌であるビフィズス菌を腸内で増やすものです。
腸内で善玉菌が増えることによって、腸内環境が整って、便秘になりにくい水分を含んだやわらかい便が作られていきます。
他にも働きがあり、善玉菌は、腸のぜんどう運動そのものを活発にさせるのです。

次にビフィズス菌のエサのようなオリゴ糖です。
オリゴ糖はビフィズス菌の栄養源となって増殖の手助けをするのです。

体内で作られないビフィズス菌は、このようなサプリメントで増やすことによって便秘解消に効果が期待できるのです。


2.食物繊維(ファイバー)

この食物繊維(ファイバー)は、便のかさを増やして、尚且つ柔らかくするために重要なものです。
これが足りなくなることで、便が硬くなって、その結果、腸内で停滞したり、排便することが難しくなったりして便秘になっちゃうんです。

成人の必要な食物繊維の量は、20〜25g/一日と言われているのです。
通常、食事からの摂取だけでは、足りない場合は、サプリメントで必要な量を補うことが出ればいいですよね。

これらの他にもキダチアロエやハーブ、ビール酵母、シャンピニオンなどの成分を含んだものが売られています。
関連コンテンツ

酸化マグネシウムが便秘に効く

便秘薬として昔から広く使用されているのが、酸化マグネシウムです。これは、腸内で水分をひきとめ、便が硬くなってしまうのを防ぐことができます。 またその刺激で、腸の運動も活発化して、排便を促進するの・・・

便秘解消に使われる漢方薬

便秘というのは、通常三日以上排便がない状態のことをいうのですが、その便秘の原因や症状は、人それぞれ違うのです。 漢方医学では、なぜ排便されないのかという原因やその人の体質やそのときの全身状態など・・・

漢方医学と便秘薬

便秘の起こる原因や症状は、人それぞれ違っていますが、一般的に便秘というのは、三日以上排便がない状態のことを言います。 西洋医学と漢方医学とでは、薬を選ぶのに違いがあります・ 西洋医学・・・・

下剤で便秘を解消しよう

何日も便秘が解消されないで、お腹の張りや痛みがあったり、頭痛・めまいなど苦しい状態が長く続くと、どうしても人は薬に頼りたくなってしまいがちです。 一般的に、薬といえば、下剤がすぐに思い浮かぶかも・・・