便秘に効くツボ!便秘の原因と症状のTOPに戻る

スポンサードリンク


酸化マグネシウムが便秘に効く

便秘薬として昔から広く使用されているのが、酸化マグネシウムです。これは、腸内で水分をひきとめ、便が硬くなってしまうのを防ぐことができます。

またその刺激で、腸の運動も活発化して、排便を促進するのです。便秘の症状で医者にかかると、たいていはこの薬が処方されるそうです。
なぜかと言うと、習慣性が少なくて、飲み続けても効果が落ちることがないからなんです。


この薬は便の水分を増大し、軟化させることで排便を促しますので、他の便秘薬のように腸を刺激することで排便を促しませんから、妊婦が服用しても悪影響が少ないとされているのです。

ただし、腸内にある便にしか効果がありませんから、薬を飲んだときの食べ物が便になるまでは、効果があまりありません。
一般的に、人が食事をしてから便ができるまでの時間は、24〜48時間ほどかかると言われています。

ですのでこの薬の効果は、服用してから1〜3日程度かかってしまうのです。さらにひどい便秘の方は、それ以上に効果でるまで時間がかかる場合もあるのです。


この酸化マグネシウムを服用する前に出来ている便には、効果がありません。
それに、長期間便秘状態が続いている方やかた〜い便が栓をしたように肛門をふさいでしまっているような場合は、浣腸等で肛門から薬がいれられます。

医者にかかった場合でも、市販薬を服用する場合でも、既往歴や現在服用中の薬などはしっかり伝えるようにしましょう。
でないと、飲み合わせが悪かったり、副作用にて死亡するケースもありますから。
最近の事故では、酸化マグネシウムを飲んでいた高齢者が副作用で死亡してしまったそうです。
関連コンテンツ

サプリメントで便秘解消

食事のバランスや日常生活の乱れなどが便秘が起こる原因の大半だといわれています。 今、約9割の女性が便秘に悩んでいるといわれていますが、なぜ、女性が便秘になりやすいかというと、女性ホルモンの影響も・・・

便秘解消に使われる漢方薬

便秘というのは、通常三日以上排便がない状態のことをいうのですが、その便秘の原因や症状は、人それぞれ違うのです。 漢方医学では、なぜ排便されないのかという原因やその人の体質やそのときの全身状態など・・・

漢方医学と便秘薬

便秘の起こる原因や症状は、人それぞれ違っていますが、一般的に便秘というのは、三日以上排便がない状態のことを言います。 西洋医学と漢方医学とでは、薬を選ぶのに違いがあります・ 西洋医学・・・・

下剤で便秘を解消しよう

何日も便秘が解消されないで、お腹の張りや痛みがあったり、頭痛・めまいなど苦しい状態が長く続くと、どうしても人は薬に頼りたくなってしまいがちです。 一般的に、薬といえば、下剤がすぐに思い浮かぶかも・・・